三嶋大社 (静岡)

創建不明で有るが、奈良平安時代の古書にも記載が残ると言われる。

本殿は総けやき素木造りで、切り妻屋根を要する出雲大社に並ぶような
国内最大級の本殿となる。

まずは鳥居からご挨拶。

この三嶋大社の名から、地名で有る「三島」が付いていると言われる。

鳥居をくぐるとすぐ右に「たたり石」なるきになる石が置かれている。

「たたり」とは元々糸のほつれを取るための道具の事で、
ほつれを取るときによからぬことが多く起きたことから「祟り」が悪い言葉となったという。

この「たたり石」は昔の東海道の人の流れを整理していた為に、その名がついたようです。

たたり石の先には池が広がり、石の橋を渡ると

左手に紅い社が見えます。

こちらは厳島神社です。中国地方にある厳島神社がこちらにきているのですね。

神様は市杵島姫(イチキシマヒメ)です。

水害から守ってくださる宗像三女神の一人です。

ということでご挨拶。

さらに歩みを進めていくと

うん

目力が強い狛犬先輩が待ち受けます。

そしてその奥にさらに門

出雲国を思わせる大きなしめ縄がかかります

この門を抜けた右手に、三嶋大社を最も古くから見つめている(金木犀)キンモクセイの大先輩がいました。

丁寧にご挨拶しましょう。

なんと燃える命の美しさよ

とようやく本殿に到着。

この三嶋大社に祀られている神様は、山の神様で瀬戸内海の大島にある大山祇神社を本殿とする「大山祗神(オオヤマヅミノカミ)」、そして出雲大社にいらっしゃる「大国主命(オオクニヌシノミコト)」の息子「事代主命(コトシロヌシノミコト)」の二柱です。

いずれも中国地方からの息吹を感じることができます。

本殿の彫刻は「天照大神の天岩戸伝説」が表現されているようです。

東国随一のパワースポットと言われるのも納得の迫力ですね。

私はキンモクセイ先輩の美しい葉枝が印象的でした。
ぜひ訪れてみてください。