京都ロームシアター【旧京都会館】 前川國男 (京都)

1960年竣工 鉄筋コンクリート構造 

建築家:前川國男

RCの庇下部にアールが付いた屋根の形状が、東京文化会館に似ていて、前川國男の雰囲気が強く漂う。

京都市内で唯一2000席を超えるホールを有しており
1995年までは京都市交響楽団が定期演奏会を行っていたそうです。

庇の出は東京文化より大きく取られている印象で光が入り込むように半透明のガラスが取り付けられています。

建物全体としてはL字型に作られており、Lの背中側が川と大通りに向けられ、内側は中庭となっており、平安神宮前の広場と一体感を生んでいます。

右側手前に平安神宮が繋がる

建物の老朽化に伴い、2015年には香山壽夫建築研究所により改修工事が行われています。

前川國男の作品としての息を残すために色々と問題はあったようですが、2015年に無事竣工。

1階には蔦屋書店&スターバックスなども入り
若い方にも寄ってもらえるような素敵な雰囲気に

この蔦屋書店は仕事をするのにも良い雰囲気でした。

中庭の雰囲気。

庇は一部を鉄骨で作り変えられている。

手すりのデザインも好き

ロームシアターの「ローム」は電気会社の名前なのね。

京都の平安神宮に行った際は寄り道してみては。