山中湖平野村 バス停(山梨)

菅原大輔さんの作品

シーラカンスや坂茂さんの元で修行され

2019年には東京建築賞の最優秀賞も取得されている次世代の建築家。

在来工法と鉄骨ブレースをうまく組み合わせ、

構造を担う木組みの美しさを表に見える形で表現している。

また、柱のグリッド方向と屋根のグリッド方向に角度がつけられており、

それにより、空間に面白い変化がついている。

見えるようにされている構造がそれをわかりやすくしてくれているため

空間の面白さが引き立っていると感じる。

屋根の根太をパネルで隠してしまっていたら、印象はだいぶ違うんだろうな。

削ぎ落とした先にある、美しさ。

私の好きな建築でした。